フォト
無料ブログはココログ

山成酒造のホームページ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月24日 (木)

酒蔵ウォークは2月24日(日)です

毎年、多くの参加者で賑わう『酒蔵ウォーク』が今年は

2月24日(日)に開催されます。

↓詳細はこちらをご覧ください。

http://plaza.rakuten.co.jp/bittyu5mati5ttm/diary/201208300002/

当日、天候に恵まれ、皆様にお目にかかれることを今年も

楽しみしています。

↓昨年の様子です。

http://yamanari.jp/walk_2012.html

2013年1月20日 (日)

酒母の状況

麹、仕込み水、蒸米を混ぜた状態で酵母を加え培養したものが酒母

(しゅぼ)です。蔵人の間では”酒の元”と書いて酛(もと)と呼んでいます。

酒母は酒造りの骨格となる大切な働きをしますので蔵人も緊張の連続

です。

山田錦を原料として吟醸酒用の酒母を造っているタンクです。

Photo_2

↓中をのぞくとこんな様子です。

Photo_4

↓近づいて耳を澄ますと醗酵が続いている「ピチピチ」と

いう音が聞こえます。神秘的な音が酒蔵の静寂のなかで

聞くことができます。

Photo_3

2013年1月19日 (土)

水の恵み

酒蔵に併設している住居用の水は自然の井戸水を全て

使用しています。訪れる方の感想は揃って『美味しい。甘い!』。

吉備高原を水源とした酒蔵の横を流れる小田川

酒蔵前でも夏になるとキャンプや水泳を楽しむ観光客で賑わいます。

酒造りのうえで最も大切な弊社の”仕込み水”は自然の豊かな

恵みです。

↓仕込み水のろ過機です。

Photo

少しづつ慎重に仕込み水を製作していきます。

Photo_2

2013年1月17日 (木)

酒蔵の様子

この時期になると酒米を蒸した時に発生する蒸気が酒蔵の

屋根から立ち上ります。

66975_624v13556112131

↓酒米を蒸している様子です。

2013

蒸した酒米を均一に広げ、麹室に入れる準備を

しています。

2013_2

2013年1月14日 (月)

210年目の酒造り

年も明け、酒蔵では210年目の酒造り真っ最中です。

Resize0001

いつもの蔵人が集い、酒造りに集中する時期です。

大切にメンテナンスしながら長年使い込んだ酒樽、工具によって

変わらぬ酒質を再現していきます。

Resize0003

米麹を製作する室(むろ)に染み付いた香りが酒蔵中に心地よく

漂っています。

Resize0002

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »